#Meeeラボ主催「アンガーマネジメントゲーム」イベントレポ!




アンカMeeeラボ一期生のもりもり(@morisinya0108)です!

5月15日にMeeeラボ内であったイベント「アンガーマネジメントで自己理解」に参加してきました!

 

想像以上に、めちゃめちゃ面白かった…!

 

  • アンガーネジメントゲームとは?
  • どんな風に進めていくの?

など、レポートします!

 

Meeeラボの活動が気になる方、入ろうか迷っている方の参考になれば幸いです。

 

 

SPONSORED LINK

アンガーマネジメントゲームとは?

アンガーマネジメントゲームは一言でいうと「みんなの怒りのツボを当てる、大人向けカードゲーム」。

簡単にルールを説明していきますね。

 

①参加者の中から1人が親となり「怒りのできごとカード」を引きます。「怒りの出来事カード」はこのようなもの。

 

②その「怒りのできごとカード」に対してどれくらい怒りを感じるのかを0〜10で決める。10が怒りのMAXで0に近づいていくほど怒ってないということになります。

 

③親以外が子となり、親がどの怒り度を選んだのかを予想する

 

④親と同じ怒り度を選べた子に得点が入る

 

こんな感じです!

 

参加している人は、親になった人が怒っているのか、怒っていないかを真剣に考え予想をしていました。

 

予想が外れると、

 

「何でその程度でそんなに怒るの?」

「逆にそれで怒らないのは何で?」

「怒った理由を知りたい!」

 

のように質問の嵐でしたね!

 

今回は、それぞれのストレングスファインダーTOP5の資質をもとに、怒りの原因を探していきました。

自己理解に興味のある人たちだけが集まってるので、終始会話が途切れなくて楽しかったです!

しかもですね、怒りの裏には実は必ずその人の才能が隠されているんですよ。

どういうことか詳しく知りたい方は合わせて「あなたが怒りを感じることの裏側には、才能が必ず眠っている」を読んでみてください。

 

アンガーマネジメントゲームをやってみて感じたこと

今回アンガーマネジメントゲームをやるのは初めてでやる前には

「本当に面白いのか?」

「ゲームで自己理解ができるのか?」

と思っていたのですが、実際にやってみると面白く、学びも多くありました。

 

①人それぞれに怒りを感じているポイントが違って面白い

もうこれ!怒りの感じ方が人それぞれで違うのが本当に面白かったです。

例えば「クリーニングで返却された洋服のシミが取れずに返ってきた」というお題があったのですが、僕であればこれはガチギレです笑

しかし参加者の中には「まあ仕方ないですよね。自分の責任と感じてそんなに怒らないです」という方や「シミがついた服を諦めて新しいのにしようと思っちゃう」のように1つの出来事をとっても怒りを感じる、感じないの差があって面白かったですね。

 

②自然と自己理解に繋がっている

普段イラっとしたり、怒ることはありますが「なんでその感情になったか」を考える機会はなかなか無いですよね。

しかしアンガーマネジメントゲームをするとなぜその感情になるかということを考えるので自然と自己理解をすることができます。

怒りのポイントを知っておくと普段の生活にも使えて、自分が怒りの気持ちを抱いたときに「あ、この部分で怒ってるんだな」とわかるので冷静にいることができます。

 

僕自身イベントを終えてからイラっとする気持ちにうまく対応できるようになりました!

 

参加者の声

 

自分は怒らないタイプだと思っていたけど、意外なキレポイントが分かって面白かったです!みんなでワイワイしながら自己理解できて最高でした!!

-藤野汐里-

 

今まではどうしてこんなことで怒るのか意味がわかりませんでしたが、ゲームを通して怒ってしまう原因を理解することができました。そして自分が怒るポイントをもっと知りたくなりましたね。自己理解はまだまだ深められそうです!

あとは「他の人は自分とは怒りに対して違う判断をするものなんだな」という意味での諦めが、お互いにとって「理解する」ということなんだと思いました。

-渡部幸恵-

 

 

おわりに

総じて楽しかったです!

今回は10人でやったのですがみなさん「時間が足りない!」「またやりたい!」と言うくらい好評でした!

 

次も参加したいな!色んな人の怒りポイントを知りたい!笑

それでは!

 

NEWS

自分コンパスの最新情報は「LINE@」で配信しております。登録は以下のボタンからどうぞ。

友だち追加

SPONSORED LINK