エニアグラムのタイプ1とは?完全主義者を徹底解説!

SPONSORED LINK







こんにちは!

エニアグラマーのせらなつこ(@sera_natsuです!

 

今回はエニアグラムのタイプ1:完全主義者について解説していきます。

  • 「タイプ1:完全主義者」の特徴とは?
  • 「タイプ1:完全主義者」の囚われとは?
  • 「タイプ1:完全主義者」の統合とは?
  • 「タイプ1:完全主義者」の有名人、キャラクターは?
  • 「タイプ1:完全主義者」のウィングとは?

このページで、エニアグラム「タイプ1:完全主義者」の方がもともと持っている思考や行動パターンを紐解いていきます。

 

「タイプ1:完全主義者だとわかったけど、これからどうすれば…?」

「タイプ1:完全主義者の人とのかかわり方は?」

と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

エニアグラム「タイプ1:完全主義者」の特徴とは?

タイプ1の完全主義者は、目標を達成するために努力を惜しまない人です。

まじめで正義感が強く、周りから見ると頼もしい雰囲気があります。

自分自身に厳しくストイック、「ものごとはこうあるべきだ」という想いを持ち、いつも冷静に物事を判断できる人です。

感情を表にあまり出さないため、周りらはクールと思われていますが、内側には情熱を秘めていたり、ユーモアな一面もあります。

 

エニアグラム「タイプ1:完全主義者」の囚われとは?

「ものごとはこうあるべきだ」という想いを持っていて、まじめで堅実なタイプの完全主義者。

完全主義者は「怒り」にとらわれています。

 

  • 自分が目標としている生き方ができていないとき
  • さぼっている他人
  • 無責任な人

このような人を見ると、怒りがこみ上げてきます。

 

怒りに囚われたタイプ1は、周りがよく見えなくなってしまうんです。

「何が正しくて何が間違っているか、判断できるのは自分しかいない!」という風に思い込んでしまいます。

その結果、自分の中だけで必要以上に周りを責めて、批判するという結果に。

 

しかし、タイプ1:完全主義者は、怒りの感情を表に出しません。

怒る=感情的になる=自分をコントロールできなくなる=完璧な自分ではない

怒りの感情を表に出さないため、自分自身が怒っているとあまり認識できていないんです。

 

歯を食いしばってガマンし、「これは怒っているわけじゃない!問題を解決するためにやろうとしているだけなのに!」と、怒りの感情を飲み込んでしまいます。

 

タイプ1は、「怒りに囚われている」と認識し、怒りを感じたときに「あ、今自分は怒っているな」としっかりと怒りを感じ、周りの人と心を開いて話すことで、成長するきっかけをつかむことができます。

 

 

エニアグラム「タイプ1:完全主義者」の統合とは?

常にストイックで努力家、周りに対しても自分に対しても厳しい完全主義者ですが、成長する過程では、タイプ7:楽天家のようにものごとを楽天的に考え、オープンになります。

 

「これはこうあるべきだ」と思っていた自分の視野の狭さに気づき、ものごとに対する考え方に柔軟になり、可能性を広げることができるんです。

楽天家のようにオープンになることで、相手のことを受け入れる心の広さも手に入れます。

そして、他人の考え方や行動を理解しやすくなり、円滑にコミュニケーションをとることができるんです。

 

結果、今までよりもいろいろな角度で物事を考えられるようになり、思考の幅も広がります。

 

 

エニアグラム「タイプ1:完全主義者」の分裂とは?

タイプ1:完全主義者が大きなストレスや不安・怒りを感じると、芸術家のマイナスの特徴「現実逃避をする(妄想に逃げる)」「自分のことをわかってもらえないという想い」などが、自然と出てきます。

 

  • 「自分はこんなに頑張っているのに、周りの人は全然わかってくれない!」と強く想う
  • 気分屋になり、引きこもったり、うつ状態になったりする

こんな状態から、いつも以上にお酒を飲んだりいつもとは違う恋愛に進むかもしれません。

 

しかし、これらの行動では心を落ち着かせることはできず、より悪い状態に自分自身をおいこむことになります。

 

 

エニアグラム「タイプ1:完全主義者」のウィングとは?

エニアグラムでは、自分のタイプの両隣にあるタイプのどちらかを「ウィング」と呼んでいます。

「ウィングがないタイプ1」のように、ウィングを持っていない人はいないと考えられているんです。

 

タイプ1:完全主義者のウィングは、この2つのどちらかです。

  • タイプ9:調停者をウィングにもつ「理想主義者」
  • タイプ2:献身家をウィングにもつ「擁護者」

それぞれの特徴を解説します。

 

タイプ9:調停者をウィングにもつタイプ1:完全主義者=「理想主義者」

理想主義者ともたとえられる、タイプ1:調停者をウィングにもつタイプ1:完全主義者。

自分の理想を語るのが好きで、心が広く、親切で思いやりがあります。

他人と関わることをめんどくさいと感じ、ひとりでいることを好む内向的なタイプです。

「こんな風にやっていきたい」という想いがあっても、あまりその気持ちにこだわることはありません。

エリート意識が高いため、周りにいる人を軽蔑したり見下すことがあります。

 

タイプ2:献身家をウィングにもつタイプ1:完全主義者=「擁護者」

高い理想を求めると同時に、周りの人への共感や深い愛情を持っているのがこのタイプ。

自分が思うような結果が出るように、現実的に周りの人に関わり、周りの人がより良い環境で過ごせることに興味を持っています。

そのため情熱的に人と関わり、ギブ&テイクを楽しむんです。

行動的で外交的、自分の理想をかなえるためにアクティブに動き回ります。

充電して考えるためにひとりの時間も大切にしますが、自分の考えに磨きをかけるために周りの人との議論も大切にする擁護者。

イライラすると、批判的になったりものごとをハッキリ相手に伝える傾向があります。

 

 

エニアグラム「タイプ1:完全主義者」の有名人、キャラクターは?

それでは、エニアグラムタイプ1の芸能人をご紹介します!

  • イチロー
  • 王貞治
  • 櫻井翔(嵐)
  • 江角マキコ
  • 北川景子

 

※ご本人が公表されているわけではありません。あくまでも、自分コンパス判断です。

 

自分のタイプを知って、自己理解を加速しよう!

エニアグラムとは、自分自身を知るためのツールです。

  • どんな思考や行動をとるか
  • 不安・ストレスを感じたときにどんな風になる傾向があるか
  • 成長するためには、どうすればいいか

自分自身を客観的に知ることができるので、必要以上に不安になったり戸惑わなくなります。

 

エニアグラムを活用して、自分のいいところをどんどん伸ばしてくださいね!

 

参考文献:

SPONSORED LINK