エニアグラムのタイプ2とは?献身家を徹底解説!

SPONSORED LINK







こんにちは!

エニアグラマーのせらなつこ(@sera_natsuです!

 

今回はエニアグラムのタイプ2:献身家について解説していきます。

  • 「タイプ2:献身家」の特徴とは?
  • 「タイプ2:献身家」の囚われとは?
  • 「タイプ2:献身家」の統合とは?
  • 「タイプ2:献身家」の有名人、キャラクターは?
  • 「タイプ2:献身家」のウィングとは?

このページで、エニアグラム「タイプ2:献身家」の方がもともと持っている思考や行動パターンを紐解いていきます。

 

「タイプ2:献身家だとわかったけど、これからどうすれば…?」

「タイプ2:献身家の人とのかかわり方は?」

と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

SPONSORED LINK

エニアグラム「タイプ2:献身家」の特徴とは?

タイプ2の献身家は、思いやりがあり、人とのコミュニケーションを大切にする人です。

タイプ2:献身家は、とにかく周りの人のために尽くして、対人関係を大切にする人です。

思いやりがありおおらか、とにかく人の気持ちを最優先で考える献身家。

しかし周りの人を大切にするあまり、自分自身を犠牲にしてしまうこともあります。

「心が動くかどうか」で、いろいろなことを判断する傾向にあります。

 

エニアグラム「タイプ2:献身家」の囚われとは?

いつも周りの人のことを最優先で考えて、自分のことは後回しにしてしまう献身家。

 

「私には、価値がないのかもしれない…」

「周りから、自分は必要とされていないかも…」

そんな気持ちを隠すために、プライドに囚われてしまうんです。

 

プライドに囚われているタイプ2:献身家は、「私は誰よりも思いやりがあるやさしい人間だ。周りの人のためにこんなにがんばっているんだから」という思いが湧いてきて、周りを見下す傾向があります。

 

また、プライドがあるため、自分の弱さや抱えている問題から目をそらす傾向があります。

  • 自分が悩んでいることや弱さをあまり表に出さない
  • 「私は平気だから!」と自分に言い聞かせて、周りにばかり目が行ってしまう

 

タイプ2:献身家は、まずはプライドを捨てて自分の中のあらゆる気持ちを認めて、自分自身で受け入れることが大切です。

 

 

エニアグラム「タイプ2:献身家」の統合とは?

いつも周りの人のことを最優先で考えて、自分のことは後回しにしてしまう献身家。

気づけば周りにいる人のことばかり考え、「誰かを助けなければ…」と思っている献身家ですが、成長する過程では、タイプ4:芸術家にように自分自身に目を向けるようになります。

 

つねに周りの人の気持ちに寄り添ってしまう献身家ですが、自分自身が感じている気持ちにも向きうことが大切です。

「自分は今、怒っている」

「悲しい気持ちになった…」

自分の気持ちに自分自身で気づくことで、どうやってケアすればいいかがわかります。

また、その気持ちを貯めこんだままにしておくと爆発する原因になるので、タイプ4:芸術家のように自分に合う方法で表に吐き出すことが大切です。(日記、音楽、踊りなど)

 

「あの人は私がいないと何もできない…」という思考になってしまうという自分自身の特徴に気づき、その考えを手放しましょう。

そして、周りの人のために使っていた時間を、自分自身と向き合う時間・自分をケアする時間に使うことで、自分の人生を楽しめるようになります。

 

 

エニアグラム「タイプ2:献身家」の分裂とは?

いつも周りの人のことを最優先で考えて、自分のことは後回しにしてしまう献身家。

気づけば周りにいる人のことばかり考え、「誰かを助けなければ…」と思っていることがほとんどで、そのことにやりがいを感じています。

 

しかし、大きなストレスや不安・怒りを感じると、統率者のマイナスの特徴「攻撃的」「支配的」になってしまいます。

 

  • ほかの人を気にせず、自己中心的になって自分の意見を強く主張する
  • 自分はこんなにあなたのためにがんばっているのに、なぜそれにこたえてくれないの?と感情的になる

献身家は、もともと頑丈な心を持っています。

大きなストレスや不安・怒りを感じると、より攻撃的・支配的になって相手を脅してしまうケースもあるんです。

 

 

エニアグラム「タイプ2:献身家」のウィングとは?

エニアグラムでは、自分のタイプの両隣にあるタイプのどちらかを「ウィング」と呼んでいます。

「ウィングがないタイプ2」のように、ウィングを持っていない人はいないと考えられているんです。

 

タイプ2:献身家のウィングは、この2つのどちらかです。

タイプ1:完全主義者をウィングにもつ「尽くす人」
タイプ3:達成者をウィングにもつ「もてなす人」

それぞれの特徴を解説します。

 

タイプ1:完全主義者をウィングにもつタイプ2:献身家=「尽くす人」

マジメで、面倒見がいいのがこのタイプの特徴です。

尽くす人は、心のあたたかさ+目的意識をもつ真面目さを兼ね備えています。

 

周りの人が幸せになるために自分ががんばらない!という責任を感じ、いい人であろうとします。

  • 他人がやりたくないと思う仕事
  • めんどくさいこと

尽くす人は、こんな仕事も引き受けてしまうんです。

 

感情的になりやすいタイプですが、自分が感情的になって周りの目を引くのがキライなため、自分の感情を押さえつけてしまう傾向があります。

 

タイプ3:達成者をウィングにもつタイプ2:献身家=「もてなす人」

タイプ1をウィングに持つ「尽くす人」よりも外向的なのが、タイプ3をウィングに持つ「もてなす人」。

社交的で親しみやすく、愛想がいいという特徴を持っています。

 

もてなす人は、目的がはっきりしているため欲求をストレートに伝えます。

 

また、周りのためにどれほど自分ががんばっているかを訴え、自分に関心を向けさせます。

  • タイプ3:達成者の「周りの人に受け入れられたい」
  • タイプ2:献身家の「親しみやすさ」

この2つが掛け合わさり、周りの人との関係性や過剰な親しさ、自分がどれだけ悩んでいるかを大げさに訴えて人を引き付ける側面があります。

 

このタイプは自分が持っているすべてのものを、喜んで周りの大切な人に捧げます。

 

 

エニアグラム「タイプ2:献身家」の有名人、キャラクターは?

それでは、エニアグラムタイプ2の芸能人をご紹介します!

  • マザー・テレサ
  • マリリン・モンロー
  • 萩本欽一
  • 吉永小百合
  • 城嶋茂(TOKIO)
  • いとうあさこ
  • 柴田理恵

 

※ご本人が公表されているわけではありません。あくまでも、自分コンパス判断です。

 

自分のタイプを知って、自己理解を加速しよう!

エニアグラムとは、自分自身を知るためのツールです。

  • どんな思考や行動をとるか
  • 不安・ストレスを感じたときにどんな風になる傾向があるか
  • 成長するためには、どうすればいいか

自分自身を客観的に知ることができるので、必要以上に不安になったり戸惑わなくなります。

 

エニアグラムを活用して、自分のいいところをどんどん伸ばしてくださいね!

 

参考文献:

SPONSORED LINK