エニアグラムのタイプ3とは?達成者を徹底解説!

SPONSORED LINK







こんにちは!

エニアグラマーのせらなつこ(@sera_natsuです!

 

今回はエニアグラムのタイプ3:達成者について解説していきます。

  • 「タイプ3:達成者」の特徴とは?
  • 「タイプ3:達成者」の囚われとは?
  • 「タイプ3:達成者」の統合とは?
  • 「タイプ3:達成者」の有名人、キャラクターは?
  • 「タイプ3:達成者」のウィングとは?

このページで、エニアグラム「タイプ3:達成者」の方がもともと持っている思考や行動パターンを紐解いていきます。

 

「タイプ3:達成者だとわかったけど、これからどうすれば…?」

「タイプ3:達成者の人とのかかわり方は?」

と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

SPONSORED LINK

エニアグラム「タイプ3:達成者」の特徴とは?

タイプ3の達成者は、自分が価値のある人間になりたいと思い、成功する人です。

「カリスマタイプ」とも言われており、その分野でスターになったり、周りから尊敬されます。

向上心が強く、「やればできるよね!」というスタンスでビジョンや目標をしっかり持って突き進む人です。

「周りの人からすごい人だと思われたい」という気持ちが強く、周りの目を気にしすぎているという一面があります。

 

エニアグラム「タイプ3:達成者」の囚われとは?

タイプ3:達成者は「欺き」に囚われている。

目的を達成するまでのイメージをはっきりと持っていて、そのための手段を選ばず、目的を達成することで自分の価値を上げ続けている達成者。

 

「周りから見たら自分は優秀に見えるのに、ダメな部分を知られたら嫌われてしまうかもしれない…」

達成者は成功後の優秀な自分を常にイメージし、周りからもそう思われたいと思っています。

 

そのため、まだまだ未熟な場合でも「自分は優秀だ!」と、自分自身を欺き続け、周りに大口をたたいてしまう傾向があります。

 

  • 自分の未熟さに向き合えない
  • 周りの人に自分の優秀さを認めてもらおうとする

目標達成に向けて自分のイメージを高く持ち続けるために、タイプ3:達成者はつねに自分自身を励まし続け、奮い立たせているんです。

 

達成者は、「自分のイメージを、完璧なものにしよう」と思ってしまうので「今の自分に起きている問題」や「変えなければいけない本質部分」から目をそらしてしまいがちです。

 

 

エニアグラム「タイプ3:達成者」の統合とは?

成功するために手段を選ばず、目的達成のために仲のいい人を切り捨てることもある達成者。

「自分が周りからどんな風に思われているか」を常に意識し、目標を達成することで自分の価値を確かめようとしています。

 

達成者が成長する過程では、タイプ6:堅実家のように自然と周りの人と協力するようになり、周りの人を信頼できるようになるんです。

 

普段は、リーダーとして周りに指示を出したりやる気を引き出してプロジェクトを成功させ、「この成功は、自分ががんばったから手に入れることができた」と考えてしまいがちです。

しかし、堅実家のように、周りと協力し自分だけでは達成できなかった何かを手に入れることで、今までに感じたことがないような満足感を得ることができます。

 

  • 周りを信頼する
  • 必要な時には「サポートしてほしい」とお願いする

これが自然とできれば、もともと持っている「他人の才能を引き出すことに喜びを感じる」という資質をさらに生かし、達成感を味わえます。

 

 

エニアグラム「タイプ2:達成者」の分裂とは?

目的達成するまでのイメージをはっきりと持っていて、そのための手段を選ばず、目的達成することで自分の価値を上げ続けている達成者。

「自分が周りからどんな風に思われているか」を常に意識し、自分自身の可能性を信じています。

 

しかし、大きなストレスや不安・怒りを感じると、調停者のマイナスの特徴「周りの人に合わせすぎる」「行動が遅くなる」などの特徴が自然と出てきます。

 

  • 抜け殻のようになる
  • 目の前のことから目を背け、次の目標のことを考える

目の前で起きていることから逃げてほかのことを考えたり(=反応が遅くなる)、無関心になったりします。

 

 

エニアグラム「タイプ3:達成者」のウィングとは?

エニアグラムでは、自分のタイプの両隣にあるタイプのどちらかを「ウィング」と呼んでいます。

「ウィングがないタイプ3」のように、ウィングを持っていない人はいないと考えられているんです。

 

タイプ3:達成者のウィングは、この2つのどちらかです。

  • タイプ2:献身家をウィングにもつ「魅了する人」
  • タイプ4:芸術家をウィングにもつ「プロフェッショナル」

それぞれの特徴を解説します。

 

タイプ2:献身家をウィングにもつタイプ3:達成者=「魅了する人」

のびのびしていて外向的、つねに周りから愛されたいと思っているのがこのタイプです。

強い競争心を持っていますが、めったびその競争心を表に出しません。

 

  • タイプ2:献身家のフレンドリーで寛容、周りの助けになる
  • タイプ3:達成者の落ち着きがある、どんなことでも達成し続ける

この2つが掛け合わさり、家族や友人を大切にする反面、職場で認められたい!という想いを優先させてしまうときもあります。

 

お互いの関係を満足させたり、親しく深い関係になるために「自分はこんな人間だ!」と思い込んで周りと接することがあります。

 

タイプ4:献身家をウィングにもつタイプ3:達成者=「プロフェッショナル」

強い野心と自信のなさが混在し、仕事にかなりのエネルギーを費やす「プロフェッショナル」。

仕事の成功、キャリアを積み重ねることで自分自身を保てると感じています。

そのため、自分が選んだ仕事、スキルを手に入れるために勉強など楽しんでやれます。

 

真面目で仕事優先!の姿勢は、タイプ1:完全主義者にいているかもしれません。

時にプロ意識を守るために、個人的な犠牲を払うこともあるんです。

 

また、「自分でがんばらないと自分の価値の高さは知ってもらえない!」という想いを持っています。

能力があって落ち着いたように見えますが、実は人見知り…という場合もあります。

 

 

エニアグラム「タイプ3:達成者」の有名人、キャラクターは?

それでは、エニアグラムタイプ1の芸能人をご紹介します!

  • バラク・オバマ
  • 木村拓哉
  • 市川海老蔵
  • 本田圭佑
  • マドンナ
  • 松田聖子

 

※ご本人が公表されているわけではありません。あくまでも、自分コンパス判断です。

 

自分のタイプを知って、自己理解を加速しよう!

エニアグラムとは、自分自身を知るためのツールです。

  • どんな思考や行動をとるか
  • 不安・ストレスを感じたときにどんな風になる傾向があるか
  • 成長するためには、どうすればいいか

自分自身を客観的に知ることができるので、必要以上に不安になったり戸惑わなくなります。

 

エニアグラムを活用して、自分のいいところをどんどん伸ばしてくださいね!

 

参考文献:

自己理解ワークショップ情報

自分らしい生き方を見つけるコミュニティ #Meeeラボ

株式会社Meeeの最新情報が欲しい方へ!

MeeeのLINE@では…

  • ワークショップ開催情報
  • #Meeeラボ新規メンバー募集
  • #Meeecamp募集開始

等の最新情報を配信しております。

 

▼「友だち追加」をクリック!

友だち追加

 

▼このQRコードを読み込んでいただいてもOKです!

 

SPONSORED LINK