才能は包丁

「才能とは何か?」を解説するときに、伝わりやすい表現をずっと探していたのですが、最近やっと見つかりました。

 

才能は包丁みたいなものです。

 

使い方を学べば、美味しい料理を人に振る舞うために使えるようになります。

けれど使い方を学ばなければ、料理をしていても手を切って自分を傷つけてしまう。

もしくは周りの人も傷つけることができる武器になってしまう。

 

これは才能とものすごく似ています。

 

才能も上手く使えれば、自分と他人を幸せにできます。

けれど使い方を学んでいなければ、自分と他人を傷つけることになってしまうんです。

 

例えばストレングスファインダーで「最上志向」という包丁を持っている場合。

長所として使えば「自分の得意分野を徹底的に磨き上げる」という使い方ができます。

人のために使うなら「人の強みを発見して伝える」という使い方もできます。

けれど最上志向という包丁の使い方を知らなければどうなるか。

 

自分に対して「まだまだ実力が足りない」と永遠とダメ出し続ける凶器になってしまうんです。

もしくは他人に対しても「そんなクオリティでよく発表できたね」と、批判して傷つけることもあるでしょう。

 

みんなそれぞれの包丁を自分の中に持っています。

自分の持っている包丁の使い方を学ぶのが自己理解です。

 

 

才能の詳しい定義については以下の記事に書いてあります。

「好きなことで生きる」を心理学でサポートするYouTubeチャンネル

やりたいことが分からない根本的な原因とその解決策
10の質問に答えるだけ。好きなことの見つけ方
「お金」を目標にすると不幸になる理由

ストレングスファインダー記事まとめ

診断方法

 

ストレングスファインダーの基礎知識

 

ストレングスファインダーの活かし方

 

ツール