嫉妬をマネジメントする方法

SPONSORED LINK







こんにちは、株式会社Meee代表のやぎペーです。

先日Dr.ゆうすけさんがこんなツイートをされてました。

これ、非常に同感です。

誰でも隣の家の芝が青く見えることはありますよね。

そんな時にどうやって自分の気持ちをコントロールするのかという話です。

すごい人の活動がいつでも見ることのできるようになったSNS時代だからこそ、なおさら知っておくべきこと。

 

そもそも嫉妬とはどういう意味なのか?調べて見ました。

他人が自分より恵まれていたり、すぐれていることに対して、うらやみねたむこと。

だそうです。

恋愛的な意味もありますが、今回は自分より優れている人に対する嫉妬について書きます。

 

 

SPONSORED LINK

嫉妬は悪い感情ではない

嫉妬の感情が生まれること自体は、自分がより成長したいと思っている証拠なので良いものです。

ですが、嫉妬が湧いて来た時にどう反応するのかは自分でマネジメントできるようになるべき。

嫉妬感情が起きるたびに「自分はなんて駄目なんだ」と自己否定していては辛すぎるので。

 

じゃあどうすれば、嫉妬をマネジメントできるようになるのか。

その答えの1つが「自分を知ること」です。

 

自分を知れば嫉妬がマネジメントできるようになる

自分を知れば、なぜ嫉妬のマネジメントができるようになるのか。

それは、自分が嫉妬心を感じた人に対して「あのやり方は自分には出来ないな」「あの人が手に入れたもの自分には必要ないな」と諦めることができるから。

自分のことを知らないと、社会的に価値があると思われているものが何でも欲しくなる。

けれど自分が欲しいもの・得意なこと・好きなことなどを知っていると嫉妬心が湧くことはあっても「自分とは違うから良いや」という気持ちに切り替えることができます。

その上で、自分が欲しいものを手に入れるために自分なりのやり方で進んでいけば良い。

もちろん自分が欲しいものを手に入れている人に対しては嫉妬しても良い。

その嫉妬をモチベーションに転換すればいいから。

むしろこの類の嫉妬は大歓迎です。

 

自分を知るためにはどうすれば良いのか

じゃあ自分を知るためにどうすれば良いのか。

たくさん方法はありますが、自己理解のツールを使うのがおすすめです。

まずはストレングスファインダーという診断ツールを使って見てください。

 

自分を知ることで、嫉妬した時のマネジメントは確実に上手くなります。

無駄な嫉妬で自己否定をしてしまわないように、ぜひ自己理解を深めて見てください。

SPONSORED LINK