自分を行動できない状況に押し込めている「恐れ」との向き合い方

SPONSORED LINK







こんにちは、株式会社Meee代表のやぎペーです。

自分がやりたいことや目指している未来があるのにうまく行動できなくて、実現に近づけないことってないでしょうか?

僕も多々あります。いつも同じ恐れにぶち当たって行動できないことが多いです。

 

そんな誰しもが抱えている自分の恐れと向き合って、対処するための方法をこの記事では書いていこうと思います。

  • やりたいことがあるけど勇気が出ない
  • 困っていることがあるけれど人に伝えることができない
  • 仕事を引き受け過ぎてしまう

など、自分が今陥っている問題全般に使うことができるのでぜひ試してみてください。

全部で7つの質問に答えていく形で進めていきます。

僕が実際に記入した具体例も載せておくので、参考にしてみてください。

 

1.今起きている不本意な問題や現状はなんですか?それに対してあなたはどんな態度を取っていますか?

今抱えている問題を記入してください。

やぎペーの回答

思いついた行動をしようとしても「まだ自分には知識や経験が足りないのでは?」「うまく説明できなくてバカだと思われるのでは?」と思ってしまう。

もっと勉強して知識を身に付けてからだなと思い行動できない。

 

2.このままの状態が続くとどうなってしまうと思いますか?

1の状態が続いてしまうと、どんな未来が待っているでしょうか?

やぎペーの回答

成長速度が遅くなってしまう。

周りの挑戦している人を見て自己嫌悪に陥ってしまう。

いつまでも知識を学ぶことに時間をかけ続けてしまう。

 

3.本当はこの現状に対してどういう態度や行動をとったほうが良いと思っていますか?

実際にはどんな行動が取れるとベストなのでしょうか?

やぎペーの回答

ダメもとで飛び込んでみる。

行動して見てからそのために必要なことを考える。

 

4.本当はそうした方がいいと思う態度や行動をとることで起きて欲しいと願っていることはなんですか?

3の行動を取ることで、どんなことが起きることを期待しているのでしょうか?

やぎペーの回答

よりレベルの高い人たちと仕事ができる。

今までやったことがない仕事ができる。

周りの人から尊敬される。

 

5.結果はどうあれ(もし4が起きなかったとしても)、3の行動によって得られるメリットはなんですか?

もし3の出来事が起きずに失敗してしまったとしても、得られるメリットはありますか?

やぎペーの回答

自分が好きになる。

行動しているので言葉に説得力が出るようになる。

 

6. 3の行動をとった方がいいと分かっていても取れない理由はなんでしょうか?3の行動をすることで最も起きて欲しくないことは何ですか?

得られるメリットがあると分かっていても、それができない理由は何でしょうか?その行動を取ることでどんな怖いことが起きますか?

やぎペーの回答

仕事の誘いを断られて傷つく。

飛び込んだ結果、価値が提供できなくて不満に思われる。

仕事のレベルが低くてバカだと思われる。

自分の考えが浅くて論破されるのが恥ずかしい。

 

7.あなたが恐れている6のことが起きてしまうかもと恐れている根底にはどんな「思いこみ」があるでしょうか?

6が怖いと思っている背景には、あなたのどんな思い込みがありますか?赤裸々に教えてください。

やぎペーの回答

実力があり、価値があることを言えない自分には価値がない。

120%の実力を発揮できなければ失敗だ。

完璧で正しい答えを言える自分でなければ価値がない。

 

まとめ : 自分が不本意な行動に陥っている原因を客観視する

記入して見てどうでしたか?

自分がどんな思い込みに囚われて行動が阻害されているかが分かったはずです。

特に重要なのは「5.結果はどうあれ行動することで得られるメリット」を認識すること。

もちろん行動した結果失敗することもあるのですが、それでもメリットの方が大きいことが分かればハードルは下がります。

 

また、「7.の自分がとらわれている思い込み」に気づくことも重要。

「それは本当にそうなのか?」と自問自答して見ましょう。

 

この7つのステップは一度だけでなく、自分が恐れを感じて不本意な行動を取ってしまいそうな時に、自分の心の動きを客観視するために使ってください。

なんども繰り返すことで、徐々に自分の思い込みに気づいて行動を変えていくことができるようになります。

 

ぜひ取り組んで見てくださいね。

 

ストレングスファインダーやエニアグラムの各タイプが抱きやすい恐れについて以下の記事で解説しています。

合わせて読んで、自分と向き合ってみてくださいね。

SPONSORED LINK