ストレングスファインダーを使って自分のモチベーションを上げる方法

こんにちは、やぎぺーです。

「やる気がある時とない時の波があって困る」と感じている方はいないでしょうか?

僕は2年間ほど独立して働いているので、「独立すると全て自由になるのでモチベーション管理大変じゃないですか?」と良く聞かれます。

独立した当初はどうやって自分を管理すれば良いかわからず、苦労しました。

 

ですが、ストレングスファインダーというツールを利用することで解決しました。

ストレングスファインダーを利用して自分のモチベーションスイッチ(モチベーションを上げる方法)を見つけてからはモチベーションで悩むことはなくなりました。

今回は僕が実践しているストレングスファインダーを利用したモチベーション管理方法を解説します。

 

ストレングスファインダーでモチベーションを上げる方法を見つけることができる理由

今回はストレングスファインダーを利用して自分のモチベーションを上げる方法を見つけます。

ストレングスファインダーでは診断を受けると、34種類の中から自分の特に強い資質を5つ知ることができます。

資質とは「頻繁に繰り返す思考、感情、行動パターン」のこと、言い換えると「自分がどんなことにモチベーションを感じるのか」ということです。

つまりストレングスファインダーで自分の資質が分かれば、自分がモチベーションを感じるタイミングがわかる分かるようになります。

そして、意図的にそのタイミングを作ってモチベーションを引き出すことができるようになります。

 

ストレングスファインダーでモチベーションスイッチを見つける2つの方法

ストレングスファインダーでモチベーションを見つける方法は2つ。

どちらも有効なので、試して見てください。

 

方法1.過去にモチベーションを感じた経験から探る

1つ目は自分が過去にモチベーションを感じた経験から探す方法。

以下のステップで行います。

  1. 自分が過去にモチベーションを感じていたタイミングを思い出す
  2. それにストレングスファインダーの資質を使って理由を探る
  3. 再現性があるか試してみる
  4. モチベーションが上がれば、メモしていつでも使えるようにしておく

 

僕の具体例を挙げて見ます。

「最上志向」が反応した例

  1. そういえば情熱大陸見た後って異常にモチベーション上がるな
  2. 自分の才能を伸ばしたい感じる「最上志向」の資質が反応してモチベーションが上がっているのでは?
  3. 他の情熱大陸も見てみよう
  4. やっぱり超やる気が出た!

これで僕は「情熱大陸を見る」というモチベーションスイッチを手に入れました。

 

もう2つ例を挙げておきます。

「活発性」が反応した例

  1. 頭の中で考えているだけよりも、文章を書きながら考えた方が調子いいな
  2. とにかく動き出したい「活発性」が反応しているのでは?
  3. 煮詰まった時は文章でアウトプットしながら考えてみよう
  4. やっぱりモチベーションが上がった!
「目標志向」が反応した例

  1. 目標設定した後って、行き先が明確になってモチベーションが上がる気がするな
  2. 目標に最短ルートで進みたい「目標志向」が反応しているのでは?
  3. 何をすればいいかわからなくなったら目標を書き出してみよう
  4. やっぱりモチベーションが上がった!

こんな風に、過去の体験を資質と関連づけることで自分のモチベーションスイッチを見つけることができるんです。

 

方法2.資質から探る

反対に、直接資質から探る方法もあります。

以下のステップで行います。

  1. ストレングスファインダーの自分の資質がどんなことにモチベーションを感じるか確認する
  2. 資質が刺激されそうな行動をとってみる
  3. モチベーションが上がれば成功、メモしていつでも使えるようにしておく

「自分の持っている資質はどうすれば反応するかなー?」と色々試してみるということですね。

以下に34資質のモチベーション例を貼っておくので参考にして行動を考えて見てください。

 

34資質別のモチベーション例リスト

達成欲 チェックリストを作って完了させていくこと
アレンジ 1つに集中するよりも複数の物事を扱うこと
信念 生きる理由や目的を確認すること
公平性 ルールを決めて物事を繰り返すこと
慎重さ ゆっくりと考えて周到に準備すること
規律性 身の回りを整理すること
目標志向 目標を明確化すること
責任感 他人から明確な範囲を持って任されること
回復志向 問題の解決策を見つけること
活発性 動いていること
指令性 状況をコントロールすること
コミュニケーション 人と話すこと
競争性 ライバルと競うこと
最上志向 高い理想を目指すこと
自己確信 自分の道を自分で選ぶこと
自我 重要な存在だと認められること
社交性 初対面の人に会うこと
適応性 同じことが続くよりも変化があること
運命志向 自分よりも大きな存在の一部であると感じること
成長促進 人を成長させること
共感性 人の痛みを取り除いて笑顔にしてあげること
調和性 争いがなく平和なこと
包含 輪を広げること
個別化 人それぞれの違いを見つけること
ポジティブ 周りを明るい気分にさせること
親密性 仲の良い人と一緒にいること
分析志向 理由や原因を考えること
原点思考 過去、原点を振り返ること
未来志向 未来のことを心に描くこと
着想 新しいアイディアを考えること
収集心 ありとあらゆるものを集めること
内省 1人でじっくり考えること
学習欲 新しい情報や経験に触れること
戦略性 あらゆる可能性について考えること

 

僕が実際に使っているモチベーションを上げる方法

今実際に僕が使っているモチベーションスイッチの例を挙げておきます。参考にして見てください。

  • 目標を紙に書き出す(目標志向)
  • やりたいことリストの中から1つ試す(活発性)
  • 文章を書きながら考える(活発性)
  • 本を読む(着想)
  • 散歩してアイディアを考える(着想)
  • 情熱大陸・プロフェッショナルを見る(最上志向)
  • 仲のいい友人と話す(親密性)
  • ツイッターで友人の投稿にいいねしまくる(親密性)

自分のモチベーションスイッチリストを作っておいて、いま足りていない要素を選んで使うのがおすすめです。

 

もちろん睡眠・食事・運動は大前提

このページで解説したモチベーションの上げ方は、精神的なエネルギーを回復するための方法です。

ドラクエで言うとMPの回復方法。

いくらMPを回復しても、HP(体力)がないとどうしようもありません。

まずは大前提となる睡眠・食事・運動が足りているのか確認するようにしてください。

こちらに関しても「元気の出る食べ物」や「自分が好きな運動」など効率的に回復する方法を持っておくのがおすすめです。

 

自分のモチベーションスイッチを見つけて、自己コントロールしよう

ストレングスファインダーを使って、自分のモチベーションを管理する方法を解説してきました。

ぜひ参考にして、自分をコントロールできるようになってください。

 

参考文献