ストレングスファインダーの似てるけど、ちょっと違う資質まとめ

SPONSORED LINK







こんにちは、株式会社Meee代表のやぎペーです。

ストレングスファインダーの資質って、馴染みのない言葉が多くて理解が難しいですよね。

その中でも特に、特徴が似ているものの違いを把握するのに苦労すると思います。

 

この記事では、ストレングスファインダーの似ているけどちょっと違う資質が、どう違うのかをまとめました。

 

資質名 特徴 資質名 特徴 補足メモ
収集心 いつか役に立ちそうなものや情報を集めるのが好き。集めた情報を人のために活用する。 学習欲 新しいことを知る過程が大好き。 両方一緒に持っている人が多い。
指令性 自分と反対の意見を持っている人と対立して、戦う。 自己確信 自分の直感を信じる。周りの人が反対しようと特に気にしない。 日本で一番出にくいのが指令性。二番目に出にくいのが自己確信。
目標志向 目標がある。 未来志向 夢がある。ビジョンがある。 目標志向はいつまでに達成したいかの日付を持っている。未来志向はぼんやりとした夢を描いている。両方持っていると「夢に日付を!」というワタミの社長みたいな感じ。
競争性 トップになりたい。1位になりたい。 最上志向 プロフェッショナルになりたい。  
自我 自分が世の中に大きな影響を与えたい。 最上志向 偉大なものを作りたい。  
共感性 他の人が、どんな風に感じているのかが分かる。 個別化 他の人が、それぞれどんな人かが分かる。 人に関する感覚が鋭い2つの資質。
学習欲 新しいことを学ぶことが好き。 社交性 新しい人と会うことが好き。 どちらも好奇心だね。
ポジティブ なんとかなる。 自己確信 なんとかする。  
成長促進 人の成長に気づいて、伝えて、伸ばす。 最上志向 優秀な人や物事に気づいて、それを伸ばす。 成長促進は全ての人が持っている可能性が大好き。最上志向は優秀さや、才能が大好き。
未来志向 より良い世界が見える。 戦略性 より良い世界に達するための道が見える。 どちらも先が見通せる資質。なぜそうなるかを説明することで、周りの人を巻き込むことができるようになる。(この人たちには当たり前に見えるものが他の人には見えてないから)
目標志向 目標を持っている。 規律性 計画を持っている。  
回復志向 起きた問題を解決して、二度と起こらないようにする。 慎重さ 問題が起きる可能性をあらかじめ潰す。  
コミュニケーション 言葉を使って人を喜ばせたり、感動させたり、動かしたり、影響を与えるのが好き。 社交性 新しい人と会うのが好き。 日本語での「コミュ力」は初対面の人でもすぐに仲良くなれる「社交性」のことですね。
着想 一見関係のなさそうな物事の間につながりを見つけて、新しいアイディアを生み出す。 運命思考 現象や人間関係の関連性を見つける。全てのものは繋がっていると感じる。「風が吹けば桶屋が儲かる」のように原因と結果の関連性を見つけることができる。 どちらも「関連性」を見ることができる資質。見てる関連性が違います。
一覧できるスプレッドシートはこちら

ストレングスファインダー記事まとめ

診断方法

 

ストレングスファインダーの基礎知識

 

ストレングスファインダーの活かし方

 

ツール

SPONSORED LINK