適応性の資質の特徴って?強みを発揮するための活かし方まとめ

SPONSORED LINK







こんにちは!自分コンパスライターのマッキー@maki_nico88です。

あなたはもうストレングスファインダーで自分の資質のことについて知りましたか?
このページでは「適応性」の資質について詳しく掘り下げたいと思います。

例えば以下のようなことです。

  • 適応性の資質って具体的にどんな特徴があるの?
  • どうやって適応性の資質を活かしていけばいいの?
  • 適応性の資質を持つ自分にはどんな職種が合っているの?

そう思われている方、ぜひこのまま読み進めていただけたらと思います。この記事を読んだ後には、あなたも「適応性マスター」になっているはずです。
それではさっそく紹介していきますね!

 

SPONSORED LINK

具体的な行動例

適応性の具体的な行動例 

  • 突然の予期せぬ展開にも、落ち着いて柔軟かつ迅速に対応することができる
  • 対応力の高さで人に安心感を与える
  • 今この瞬間が最も大切だと考え、目の前のことに力を注ぐことができる
  • 同時に複数のタスクをこなす状況でも高い生産性を保つことができる

適応性の資質を持つ人を一言で表すと、人生に何が起きてもギアを入れ替えることのできる対応力の高い人です。流れに身を任せて、物事が実際に起きた時点で対処することが得意です。

例えば、適応性の資質が少ない人にとっては、「プロジェクトの計画を間違えて明日までに変更する必要がある」と言われたら、ピリピリしたり、唖然としてしまうことがあります。

しかし適応性の資質を持つ人は、頭を切り替えて、状況を打破する解決策を導き出すことに集中します。

プレッシャーを力に変えて短期間で問題解決に貢献できるその能力は周りに安心感を与えるでしょう。

そのため、適応性の資質を持つ人は、突然のハプニングにも動じず、目の前の現象・変化にいち早く対応するエキスパートと言えるでしょう。

 

適応性の資質を活かす行動アイディア

では、適応性を活かす行動アイディアにはどんなものがあるのでしょうか。適応性の資質を持つ人の特徴を元にお伝えしていきますね。

例えば、

  1. 突然の予期せぬ展開にも、落ち着いて柔軟かつ迅速に対応することができる
  2. 今この瞬間が最も大切だと考え、目の前のことに力を注ぐことができる
  3. 同時に複数のタスクをこなす状況でも高い生産性を保つことができる

だから、、、

①日常的な出来事で他人が動揺することがあっても落ち着いて対応することができます。どんな時でも安心感があるというあなたの評価をさらに高めましょう

②あなたは変えられない過去や、予測できない将来のことを心配してエネルギーを無駄にすることはありません。そのエネルギーを自分のスキルの改善と目の前の目標の達成に注ぎ込むようにしましょう。

③同時にいくつもの課題をこなす状況においても、慌てることなく高い生産性を保つことができます。

マルチタスクや予想外の仕事が舞い込んできても、すぐさま頭を切り替え、バランスよく同時に進める方法を、走りながら考えることができます。

 

適応性の資質を持つ人が気をつけるべき点

次に、適応性の資質を持つ人が気をつけるべき点です。

何を気をつけるべきなのか、こちらも適応性の資質を持つ人の特徴を元に考えてみましょう。

例えば、

  1. 突然の予期せぬ展開にも、落ち着いて柔軟かつ迅速に対応することができる
  2. 今この瞬間が最も大切だと考え、目の前のことに力を注ぐことができる
  3. 対応力の高さで人に安心感を与える

だから、、、

厳密な手順に従う必要がある業務は避けましょう。変化に富むことを求めるあなたを窒息させてしまいます。

同じ職場でも、実績のない新規プロジェクトなどに関わる機会があれば積極的に手をあげて、資質を発揮できる環境に身をおきましょう。

 

②現実味のない、高すぎる目標や年単位の長期目標を掲げて行動してもあなたの生産性は発揮されず、むしろ消耗します。

適宜、マイルストーン(中間目標点)を設置して、短期で達成できる小さな目標をクリアしていくことでモチベーションを保ち、計画を進行しましょう。

 

③あなたは目の前で起きている事態を救済することが得意ですが、そればかりに対応していては、長期計画が滞ってしまいます。

時には、重要性を見極めて力をそそぐべきポイントを取捨選択しましょう。

事前に「柔軟に対応するべきケース」と「主張を曲げないケース」とを判断するための個人的なガイドラインを設定すると迷わずに済むでしょう。

 

他の資質との組み合わせ

ここでは、適応性の資質を持つ人がどのような資質を持つ人と手を組むと、より力を発揮できるかを見てみます。

<適応性×目標志向・戦略性>

適応性の資質を持つ人が日々の変化にうまく対応できるように、目標志向・戦略性の資質を持つ人の力を借りましょう。

彼らと長期目標を共有し、プロジェクト全体の監視・軌道修正役を任せることで、あなたは目の前の仕事に集中して力を発揮することができます。

 

<適応性×共感性>

顧客のさまざまな欲求を察知する力がある共感性の資質を持つ人のサポートがあれば、相手の求めていることを汲み取り、その場で適切な提案をすることができるでしょう。

共感性の資質を持つ人は、取引先との関係性を強めてくれる心強いパートナーです。

 

<適応性×成長促進×個別化>

例えばあなたが教える立場にある場合、成長促進・個別化の資質を持つ人と組むことで、その時々の対象者の状況に合わせて適切な助言をし、育成することができるでしょう。

 

適応性を持つ人のリーダーシップの取り方

適応性の資質は大きく分けると「人間関係構築力」の項目に入ります。人間関係構築力に優れるリーダーには、下記のような特徴があります。

人間関係構築力に優れるリーダーが活かすべき特徴

  • チームの意見や要望を周囲に伝えるのが上手い
  • 所属しているチームのアイディアや成果の売り込み能力が高い
  • 注目された状況下できちんと意見を主張できる

これとは別に、そもそもどのような時にフォロワーがリーダーについていくのか、皆さんはご存知ですか? フォロワーがリーダーに期待するものとは以下の4つです。

フォロワーがリーダーに期待する4つの項目

  1. 信頼
  2. 思いやり
  3. 安定
  4. 希望

上の4つを満たした時にあなたはもっともリーダーシップを発揮することができます。 適応性の資質を持つ人がどのようにするとこの4つを築き上げられるか、1つずつ当てはめて解説していきますね。

適応性の資質を持つ人が「信頼」を築くための方法

あなたの柔軟性を活かして、その場の対応次第で結果を変えられることを周りに共有しましょう。

トップダウン方式で先導するのではなく、彼らの進みたい方向性を尋ね、サポート役に徹することで信頼関係を構築できるでしょう。

適応性の資質を持つ人が「思いやり」を築くための方法

「自分の思い通りにならないこと」に焦りやフラストレーションを貯めてしまっている人に対し、流れに身を任せることも1つの方法であることを伝え、それを体験させてあげましょう。

その体験は、彼らにとって新たな試みや気づきとなり、新しい環境を生み出すきっかけになるでしょう。

適応性の資質を持つ人が「安定」を築くための方法

計画が脇道に逸れたり思わぬ壁にぶつかった際に、それらが時には必要なものであり、望ましくもあるという考えを周囲に伝えましょう。

状況に応じて軌道修正することは、妥協ではなくゴールに向かうために大切なプロセスだと言うことを身を持って伝えましょう。

適応性の資質を持つ人が「希望」を築くための方法

周りの人に「受け入れる」大切さを伝え、過去の出来事から解放される手助けをしましょう。

自分自身の経験を具体的なエピソードを交えて話すことで彼らの心をほぐし、現状から一歩抜け出してプロジェクトを進めるサポートをしましょう。

適応性の適職

適応性の適職

  • ジャーナリズム
  • 救急医療
  • カスタマーサービス

適応性の資質を持つ人は、常に変化する事態・予想できない展開が起こり得るジャーナリズムの分野に向いています。刻一刻と変化する時事問題に向き合うことで、あなたの情熱に火がつき、より高い成果をあげます。

また、緊急の場面で冷静な判断をして対処できる能力は、一刻を争うような救急医療の分野にも適正があります。冷静で迅速なあなたの振る舞いは安心感をもたらし、職場での信頼関係を高めるでしょう。

お客様の個々の要望に応じて、その場で解決策を提示することが多い、カスタマーサービスの現場でも力を発揮し、お客様からの信頼を獲得できるでしょう。

 

適応性を持つ人との仕事の仕方

最後に適応性を持つ人とどのように関わると仕事がより効率的に進むのか見ていきます。

変化に富むポジションにつかせる

適応性の資質を持つ人は、急な展開やギアチェンジを余儀なくされるような場面において高い成果が出せるので、厳密なステップを踏むような作業ではなく、変化に富むポジションを与えましょう

周りの人が動揺することがあっても落ち着いて対応することができるので、冷静さを取り戻す手助けをしてくれるでしょう。

短期プロジェクトを任せる

適応性の資質を持つ人は、即実行が求められる短期の任務で最も生産的になります。

長期目標立てて実行することが得意な、目標志向・戦略性の資質を持つ人とチームを組ませることで、短期間で大きな成果をあげるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
まとめると、

適応性の資質のまとめ

  • 急な変化にも動じずに柔軟に対応できる
  • 突発的な物事への対応力の高さでチームに安心感を与える
  • 目の前の事象に集中し、短期で最大の成果をあげる

以上にあげたように変化の激しい状況において最も成果をあげる資質です。

これを読まれた後、ここで紹介したあなたの得意が強みになっていくように実生活でも活かしてみてください。

ストレングスファインダー記事まとめ

診断方法

 

ストレングスファインダーの基礎知識

 

ストレングスファインダーの活かし方

 

ツール

SPONSORED LINK