ストレングスファインダーでの資質の活かし方総まとめ

こんにちは、ストレングスファインダー関連の勉強に100万円以上投資した八木仁平です。 「ストレングスファインダー診断を受けて見たけれど、活かし方が分からない」という方がこのページを読んでくれているのでしょう。

ストレングスファインダーは実は受講しただけでは本来の価値の10%も発揮できません。

今では「強みを発揮できている」と自信満々に言える僕ですが、実はストレングスファインダーを受けてから2年ほどは診断結果を見ただけで満足してしまっていました。  

自分の「資質」が分かったら、その「資質」を「強み」にするために活かし方を学ぶ必要があるのです。

ストレングスファインダーで分かったものは「才能」の集まりである「資質」です。 意識的に「投資」をして「強み」にしてあげる必要があります。 強みの方程式

詳しくは「才能とは何か?」で解説しています。  

このページではストレングスファインダーの診断を受けた後に、活かし方を学ぶ方法をまとめて紹介します。

それぞれ順番に説明していきます。

ストレングスファインダーの診断結果の活かし方を学ぶ6つの方法

 

1.本を読んで資質の説明と活かし方を学ぶ

CA8B5663 3A39 4F26 BCCD 4E7CC1395CFA
最も一般的なのが、ストレングスファインダーの解説本である「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」を読むこと。旧版の本を買わないよう注意

 

ストレングスファインダーを受ける際にこの本を購入した方も多いでしょう。
以下の内容が各資質ごとにまとまっています。

  • 資質の説明
  • 各資質をTOP5に持っている人の体験談
  • 資質を活かすための行動アイディア
  • 資質を持っている人とうまく働く方法

一度読んだだけでは行動に落とし込むところまでは難しいので、自分のTOP5の「資質」に関しては何度も読み返すのがおすすめです。
また、自分の資質の説明だけを読んでいても「こんなの当たり前じゃん」と思ってしまう可能性があります。
それもそのはず、診断して分かる「資質」は無意識のうちに発揮して自分にとって当たり前になっているからこそ「資質」なのです。

 

自分の資質が他の人から見たら特別であることを確認するためには、自分の資質以外の解説も読み込んでみましょう。
自分の資質が特別であることが分かるはずです。

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」は資質の基本的な説明と活かし方をまとめたものです。 資質をリーダーシップに活かす方法が学びたければ「さあ、リーダーの才能に目覚めよう」を読んでください。

 

2.Gallup Strengths Centerで強みのインサイトガイドを読む

スクリーンショット 2017 12 14 15 01 01

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」で紹介されている資質の解説はそれぞれの資質が単体で発揮されたときの説明ですよね。
しかし現実的には資質が単体で働くことは少なく、持っている各資質が複雑に絡み合って発揮されます。
同じ資質を持っている人でも組み合わせによって発揮され方が全く違うのです。

 

自分の資質が組み合わさってどう発揮されるかは「Gallup Strengths Center」にログインすることで読める「強みのインサイトガイド」で解説されているので読んでみましょう。

スクリーンショット 2017 12 14 15 01 01

 

これは1700万人以上の強みのデータを所有しているギャラップ社が、それぞれ違うものを提供しています。 なので他の人とは全く違う自分独自の資質の説明と活かし方を知ることができますよ。

 

3.友人との会話を通じて資質の理解を深める

説明を読んで見たものの、まだ自分の資質が腑に落ちていない方も多いでしょう。

特に「戦略的思考力系」「実行力系」の資質を持っている方は納得しづらい傾向があります。

なぜなら、自分の頭の中を普段から他人と比較したりすることがないから。

外部に働きかける力の強い「影響力系」「人間関係構築力系」の資質は他人から指摘されることも多く気付きやすいのです。

 

自分の資質を理解するためには、友人とお互いの資質に関しての会話をするのが有効です。

以下のような内容を話して見ましょう。

  • 資質シートを作って比較する
  • 本を読みながら自分の資質について説明する
  • 過去にうまくいった経験を資質を絡めて説明する
  • 過去の失敗体験と資質を絡めて説明する

具体的な会話のマニュアルは以下のページにまとめてあります。

 

4.動画を見て各資質を人間と紐づけて理解する

各資質への理解を深めたいのであれば、ストレングスファインダーの開発元であるギャラップ社が提供している動画を利用するのかおすすめ。

以下のような日本語字幕付きの動画が34全資質分アップロードされています。

本の説明を読んだだけでは理解しづらい各資質ですが、それぞれの資質をトップに持っている人が具体例と共に説明してくれているのですんなりと理解することができます。

動画一覧は「Gallup Strengths Exploration」から。

 

5.講座に参加して生の情報を得る

C313C734 91B2 44AE 963A 2D9AC196217E

さらに詳しく自分の資質の活かし方を学びたければ、講座に参加するのがおすすめ。
日本で受けることのできる講座では「ストレングス・ラボ」が毎月都内で開催しているものがあります。

自分とは全く強みが違う参加者が集まり、他の人との対比で自分を理解することができるので一気にストレングスファインダーへの理解が深まります。

ストレングスラボの講座レビューまとめ

 

6.コーチングを受けて資質を才能にする方法を学ぶ

スクリーンショット 2017 10 13 8 43 00

個別で自分の資質を強みにする方法を学ぶなら、ストレングスファインダーを活用したコーチングを受けるのがいいでしょう。

僕はコーチングを受けることで自分の強みが初めて腑に落ちました。多少お金はかかりますが本当におすすめです。

ちなみに僕が受けているのは60分×6回で9万円のコース。 相場は1時間1-1.5万くらいですね。 もちろんコーチングを受けるコーチによりますが、僕にとってはとてもいい投資でした。

 

国内のコーチを探すのであればストレングスラボの「個別セッションを受けることが出来るコーチ一覧」で探すことができます。

僕が実際にコーチングを受けた経験は「ストレングスファインダーの活かし方を学ぶ。強み理解コーチングを受けてみた」に書いてあるので参考にどうぞ。

 

ストレングスファインダーでの資質の活かし方まとめ

ここまでストレングスファインダーの活かし方を学ぶ方法を解説してきましたがいかがでしたか?

より詳しくストレングスファインダーについて知りたい方は「ストレングスファインダーに関する記事一覧」で気になる記事を読んでください。

ストレングスファインダー記事まとめ

診断方法

 

ストレングスファインダーの基礎知識

 

ストレングスファインダーの活かし方

 

ツール