「軸を決めて突き進んだら、抽象化すればいい。」ミニマリストしぶと八木仁平が語る、自分の軸の見つけ方

SPONSORED LINK







「やりたいことがわからないし、どうやって探せばいいかもわからない…」

あなたは今、こんな悩みを抱えていませんか?

 

自分の軸=自分の情熱

ミニマリストしぶでいう「ミニマリズム」、八木仁平でいう「自己理解」が、自分の軸に当てはまります。

2人のようにこれほど熱中できる「自分の軸」は、どうすれば見つけられるのか。

 

今回、7月16日に開催された、ミニマリストしぶと八木仁平による対談“自分の軸の見つけ方”の内容をお届けします。

 

【ミニマリストしぶ】“Minimalist”代表。フリーター生活の最中、ミニマリズムに目覚める。福岡在住、4畳半の部屋でミニマルに暮らす23歳。2018年5月に出版した著書「手ぶらで生きる」が発売日に重版&Amazonベストセラー1位に。「MINIMALS」商品デザイン監修。

 

 

 

SPONSORED LINK

自分の軸を見つけたいときは、1つに絞ることが大事

八木仁平
しぶは「ミニマリスト」っていう自分の軸を持ってるよね。

その軸は、どうやって見つけたの?

 

ミニマリストしぶ
実は僕が最初にブログを始めた時、ミニマリストだけじゃなくて、食レポとかマンガの感想とかいろんなことを書いてたんだよね。

当時、(八木)仁平が僕の家に泊まりに来た時に、「しぶはミニマリストへの情熱がすごいから、ミニマリストだけに絞ってブログ書けばいいじゃん」って言ってくれて。

それから毎日、ミニマリストに関する記事だけを書いてたら、ブログのPVも右肩上がりでどんどん収益が出て、ブログの収益だけで食べていけるくらいになったんだよね。

 

八木仁平
初めてしぶに会ったとき、部屋にペラッペラのマットレス1枚しか置いてないのを見て、「ミニマリストに絞った方が絶対いいじゃん!」って言ったよね。(笑)

絞ることって、すごく大事だと思う。

 

引用:https://mobile.twitter.com/SIBU__/status/1005307931196190721

 

ミニマリストしぶ

1つに絞った方が成果が出やすいんだよね。2つ3つって色々手を出すより、1つに絞った方が当然1つのことに時間をかけられる。

だから最初は、何もない人ほど1点集中の方が成果が出やすいと思う。

多動力みたいに、「いろんなものを掛け算しよう!」っていう風潮があるけど、1つのジャンルで80点いってから掛け算しないと意味がない

80点いく前にあちこち手をつけて、40点がいっぱいあるけど何者でもない…そんな人が多い気がするよね。

 

八木仁平
多くの人って「これから新しいこと始めるぞ!」って時に、別の新しいことを始めようとするじゃん。

そうじゃなくて、今持ってるものを洗練させるだけで十分戦えるんだぜ!っていうことに気づいてない人も、多いんじゃないかな。

 

抽象化された軸を持てば、一生飽きない

 

八木仁平
しぶに聞きたいのが、ミニマリストって飽きないの?っていうこと。

今、しぶって「ミニマリスト」っていうワンジャンルしか突き詰めてない訳じゃん。

それって、飽きちゃったり他のことに手を出したくなったりしないの?

他のことを捨てて1つに絞る時に、「これをずっとやり続けていけるのか?1つに絞ると、途中で飽きちゃうんじゃないか?」っていう不安がみんなあると思うんだよね。

 

ミニマリストしぶ
それでいうと、ミニマリストの本質のミニマリズムって、実は何にでも応用ができるんだよね。

最近だと、「物を持たずに自己表現する」っていう意味で、プロのビートボクサーとお会いしてビートボックスの練習をはじめてみたり。

後は、スマホの裏にとりつけられるミニマルな財布の商品開発もした。

つまり、ミニマリズムの考え方自体は音楽とかデザインとかなんでも応用できちゃう

そういう意味では飽きてはいないかなぁ。

 

しぶさんが作っているミニマルな財布(引用:https://cores-ec.site/minimals/?inflow=6)

 

八木仁平
なるほどね。

ミニマリズムってそもそも抽象化された概念だから、概念を自分の軸に据えちゃえばなんでもできちゃうんだ。

 

ミニマリストしぶ
そう。同じミニマリストっていっても、物の量に差があったりして、結構抽象的で自己満足の世界なんだよね。

自分次第で何にでも掛け合わせられちゃう。

 

 

八木仁平
確かに。

俺も、今は自己理解を軸に据えてるけど、どんなことにでも掛け合わせられる。

今度、「情報発信×自己理解」もやるし、この前インタビューを受けたのは「借金の返済×自己理解」だったり。

抽象化された自分の軸を見つけちゃえば、実は一生飽きないんじゃないか説。(笑)

 

自分の軸を見つける方法とは?

八木仁平
今日の対談のテーマが「自分の軸の見つけ方」。

抽象化された軸が飽きないのはわかったけど、それはどうやって見つければいいんだろう?

自分の好きなものはいっぱいあっても、軸ってなんなんだろうっていう…

みんな、どうやって自分の軸を見つければいいかわからなくて、すげえ苦しむと思う。

 

好きなものを突き詰めてから、抽象化すればいい

 

ミニマリストしぶ
俺らが好きになったのはたまたま抽象的なものだったけど、多分そうじゃない人の方が圧倒的に多いよね。

例えばファッションが好きとか、音楽が好きとか、もっと具体性のあるものが好きかもしれない。

じゃあもし、俺がファッションが好きだったら…って考えてみると、ファッションを突き詰めていって80点出たタイミングで、他の好きなジャンルに切り替えて掛け算すると思うんだよね。

 

八木仁平
そっか、なるほど。ファッションを抽象化するんだ。

ファッションを抽象化したら「自分の魅力を際立たせる」とか、「自己表現」するとか、何かしらにいきつく。

 

ミニマリストしぶ
MBさんとかまさにそうで、ファッションで幸せになろうって抽象化して「幸服論」とか書いてるよね。

 

MBさん…ファッション本作家、アドバイザー。誰もが理解できる「オシャレの教科書」KnowerMagを運営。雑誌「週刊SPA」など大手メディアでも連載中。書籍に「幸服論」「最速でおしゃれに見せる方法」、漫画「服を着るならこんなふうに」など多数。

 

八木仁平
「メンズファッション⇒自分に自信をつけるためのもの」って抽象化して、自己啓発本を出したり、合コンを開いてたりするよね。

1回決めたファッションっていうものを抽象化して、横展開してる。

つまり、自分の軸を見つけるには、好きなものを突き詰めてから抽象化すればいいんだ。

今何をやるかは、最初にどんな肩書で認知されるかってだけで、なんでもいい気がするんだよね。

 

人に褒められたことをリスト化してみる

ミニマリストしぶ
他にも、今までの人生を振り返ってみて、人に褒められたことをリスト化してみると、自分の軸が見つかるかもしれないね。

俺も、有名になる前から元々ミニマリストだったけど、そこまで自分のミニマリストっぷりがスゴいと思ってなかったんだよね。

仁平から指摘されて気づいたっていう。

 

引用:https://twitter.com/SIBU__/status/959260521391255552

 

八木仁平
だってしぶの家、あれ普通に考えたら気持ち悪いじゃん。(笑) 

やばいなこいつ、みたいな異常性。

けどその異常性をみんなどっかしらに持ってるよね。もしかしたらまだ研ぎ澄ましてないかもしれないし、公にしてないかもしれないけど。

だから、自分の褒められたことをリスト化して、仲良い人に見せながら聞いてみるのもいいかもしれないね。

 

ミニマリストしぶ
仁平の話を聞いて思ったけど、「もっと人に教えたい!」みたいなことがあったら、それが軸になるかも。

僕でいうと「ミニマリストをもっと布教したい」、仁平なら「自己理解を広めたい」みたいな。

自分の中だけで完結してないというかね。

 

 

八木仁平
たしかに。そうやって人に伝えたいことって、もはや情熱だよね。

情熱の生まれ方の1つとして、自分が救われたことから生まれると思ってて。

俺も一昨年の秋くらいは人生のドン底で、ずっと家でゼルダ(ゲーム)ばっかやってて、何していいか全然わからなかった。

その時に自己理解にはじめて真剣に取り組んだら自己肯定感爆上がりして、救われた感がやばかったんだよね。

そこから、みんなもやってくれ! みたいな純粋な気持ちが情熱になっていった。

 

「これがお金になるかどうか」は考えない

八木仁平
もしかしたら、何かに救われた経験がみんな何かしらあるのかもしれないけど、忘れてる可能性もある。

軸を見つける時って、「これがお金になるかどうか」っていう考えを1回外さないと、絶対に見つからないんだよね。

 

ミニマリストしぶ
そうだよね。ミニマリストがお金になるかどうかとか、思ってなかったもん。

 

八木仁平
そう、自分の「得意」と「情熱」を掛け合わせれば、それを仕事にする方法って無限にある。

自分が得意なことを知って情熱と掛け合わせることで、無理やり仕事にしちゃうっていうのがストレングスファインダーの醍醐味。

だから自分の軸を探す時は、お金になるかとか人からチヤホヤされるかとかを1回除く。

人からチヤホヤされるものに、あとから自分でしちゃえばいいんですよ。

 

 

ミニマリストしぶ
それでいうと、ミニマリストって名乗る人って1年前とか全然いなかったんだよ。

いても「ミニマリスト目指してます」とか、「ゆるミニマリストです」みたいな人が多かった。

けど今は、ミニマリストって名乗る人増えたよね。

 

 

八木仁平
しぶも最初は、ミニマリストだからってお金が稼げる訳でもなく、チヤホヤされる訳でもなかった。

そんな中でミニマリストを自分の得意とどう掛け合わせたらいいのか、動画なのか、コミュニティなのか、ブログなのかって色々試してみた結果、今、ミニマリストが仕事になってるっていうことだよね。

 

仮決定でもいいから、軸を決めて突き進もう!

八木仁平
あと、みんなすごく勘違いしがちだと思うのが、情熱が見つかる時って運命的なものだと思ってしまいがち。

好きで得意なことが見つかった瞬間に雷に打たれたかのように人生が変わって、そこからキラキラした人生を歩める! みたいな。

 

ミニマリストしぶ
それこそ僕、本とかでミニマリストという存在を知った時にすげえ衝撃を受けたみたいなこと書いてるわ。

けど今思ってみると、結構後付けに近いんだよね。

 

八木仁平
ホントは衝撃うけてないの?(笑) 

 

ミニマリストしぶ
いや、受けた!(笑)

受けたけど、「ミニマリストという存在を知った時に、すげえ衝撃を受けた」って後付けの一面もあるよね。

ミニマリストになって人生が変わったんじゃない。

後から振り返ったときに、ミニマリストになったことが人生の転機だったなぁと。後からそう思うようなっただけ。

 

八木仁平
よく、「自分には天命が与えられる」って思っちゃう人もいるけど、オレは天命なんて存在しないと思ってる。

だからとりあえず、自分で何かしら軸を決めて突き進まないと、何も始まらないっていうのはすごくあるんじゃないかな。

仮決定でもいいから軸を決めちゃって突き進んでいけば、抽象化していくらでも横展開できるから。

 

編集後記

自分の軸を持って突き進まれているお2人から発せられる言葉は、説得力に満ちていました。

お金になること、他人や社会から評価されることの中から自分の情熱を探しても見つかりません。

この記事を読んだあなたは、早速自分の人生を振り返りながら好きなものをリスト化してみてください。

その中にはきっと、救われたことや他人から褒められたことがあるはず。

 

それがなぜ好きなのかを言葉にしながら、仲のいい人と話し合ってみてください!

 


テキスト・編集:片田成俊世良菜津子

撮影:早川結希

SPONSORED LINK