嫉妬を感じた時の正しい対処法、ダメな対処法




こんにちは、八木仁平です。

あなたは嫉妬を感じることがあるでしょうか?僕はしょっちゅうあります。

  • 自分よりお金を稼いでいる人を見た時
  • 自分よりブログが読まれている人を見た時
  • 自分より友達がたくさんいる人を見た時

日常の中で数え切れないほど感じています。
他人と比較して嫉妬を感じるのは良くないと言われますが、それって本当なのでしょうか?

結論から言うと、嫉妬は悪い感情ではありません。
そもそも感情に良いも悪いもないんです。

嫉妬に関して3つのツイートを書きました。

 

 

SPONSORED LINK

「本能」から生まれた感情は、「理性」で観察しよう

嫉妬は自分の中の本能部分が生み出すものなので、理性で観察してみることが重要。

 

正しい対処法:嫉妬を前向きな行動に変える

本能から出た嫉妬を観察して、自分の本当の欲求に気づけば前向きに利用することが出来ます。

 

ダメな対処法:嫉妬にそのまま反応する

本能から出た嫉妬にそのまま反応してしまって、行動も飲み込まれたパターン。

 

感じてはいけない感情はない

ツイートにいただいた返信。そうそう、感情はコントロールできないので発生したら前向きに処理しましょ。

 

自分の感情を否定することに慣れてしまうと、どんどん自分が分からなくなってしまうので注意。

 

ネガティブな感情が出て来たときは自分が欲しがっているものに気づくチャンス

むしろ一見ネガティブな感情が出てきたときは自分の本能が求めているものに気づくチャンスです。

今回の嫉妬で僕は改めて「他人から尊敬されたいんだよな。だからもっと頑張ろう。」と前向きな行動に変換できました。

自分の感情は、本当に欲しいものに気づくチャンス。

嫉妬も利用して自分を前進させるエネルギーに変換してきましょう。

以上「嫉妬を感じた時の正しい対処法、ダメな対処法」でした。

NEWS

自分コンパスの最新情報は「LINE@」で配信しております。登録は以下のボタンからどうぞ。

友だち追加

SPONSORED LINK