スチールの特徴とは?システム化が得意な「スチール」の気質活かし方まとめ

SPONSORED LINK







こんにちは、ウェルスダイナミクス研究家のだいち(@spountant)です。

「簡易テストで”スチール”と診断されたけど、その特徴をどう活かしていけばいいの?」

その疑問を晴らすべく、今回はスチールがどういう気質なのか。
そして、スチールの気質をどうやって活かせばいいのかをまとめました。

この記事を読めば、あなたのスチール要素を活用する術が明確になるはずです!

 

 

スチールの特徴は「内向的」であること

  • 行動特性:内向型
  • 季節:冬
  • 要素:金
  • 大切なもの:確実性
  • 脳感覚優位
  • 得意な質問:how

スチールは、ウェルスダイナミクススクエアでいうと左側。

左側は、思考の向きが内向きで、「自分は今、どう感じているか」という内省的な気質を持っています。

「相手がどう思っているか」を気にするブレイズとは逆の気質ですね。

 

季節でいうと「」。

春で芽吹き、夏で生い茂っていき、そして秋で実を収穫する。

このようなイメージでしたが、冬は種の状態なんです。

ムダな部分が削ぎ落され、核となる部分だけが残されている状態、それが種というわけですね。

 

そして、要素は「」。

まさにスチールですね。

 

スチールは、実行部隊であるテンポが完結させたものを、仕組み化するのが役割。

もう一度同じことを行う場合に、それをより効率的に実行できるように、再現性のあるものとして形づくります。

 

得意な質問は、「ピンチが訪れたとき、どういう対処法をする傾向があるのか」を指します。

スチールの得意な質問は「how」。

問題が起きたとき、「どのように解決するか」「どんな対策がいいか」というhowの視点で、問題解決に当たることが多いのが特徴です。

 

スチールの得意なことは「データを扱うこと」

スチールの得意なことは以下のとおり。

  • 数値・データを扱うこと
  • システムを構築すること
  • 細部に気が付くこと

スチールは、数値やデータを扱うことが得意な周波数です。

ブレイズとは正反対の周波数ですが、人間関係においてもその違いは明確に出るんですね。

 

たとえば、ブレイズは相手の感情を気に留めます。

一方スチールは、「今、相手はどういう感情なんだろうか」と、相手の感情を”情報”として蓄積していくんです。

その上で、「この人はこういう対応をした方がいいな」と、戦略的にコミュニケーションを取っていく。

情報を集め、整理することが得意なスチールだからこそ取れる戦略ですね。

 

物事のパターンを見つけ出す能力に優れているので、それをシステム化して、再現性のあるものを生み出すことも得意としています。

 

スチールの苦手なことは「絶え間なく交流すること」

一方スチールの苦手なことは、以下のとおりです。

  • 新しく物事を始めること
  • 人と絶え間ないコミュニケーションを取ること

スチールは何かを完成させるのが得意な代わりに、新しく物事を始めることが苦手です。

物事を始めるときに「何が必要か」「どうやって行うのか」などを綿密に情報収集するため、着手に時間がかかってしまうんですね。

 

また、人と話すことで活力を得られるブレイズとは対照に、スチールは一人の時間が少ないと疲弊してしまいます。

データを駆使して戦略的なコミュニケーションを取ることはできますが、それでも体力は消耗しているということなんですね。

 

スチールが成功するための外的要因は「確実性」を必要とする環境

スチールが重要視していることは、「確実性」です。

スチールに即興で話をさせると、きっとうまくいかないことが多いでしょう。

人の反応は不確実だからです。

 

ただその不確実性も、下準備によって、ある程度は解消することができます。

スチールは人前で話すときも、入念な準備を行うことで、求められる結果を確実に掴みにいくんですね。

 

スチールのリーダーシップスタイルの特徴は「データで示すこと」

スチールは、データを駆使することによって人を率います。

 

スチールにとって、人の感情もデータとして蓄積されているといえるでしょう。

決して、感情だけで判断しませんが、人の感情をどう駆使すれば高いパフォーマンスを発揮できるか、などを考えることもできます。

 

今の戦況でどの部分が強いか、どの部分を補う必要があるか、をすべてデータ化する。

その上で客観的な改善策を提示できるのが、スチールの強みと言っていいでしょう。

 

物事をデータに落とし込む「スチール」の特徴まとめ

  • スチールは、内向的な周波数
  • データを扱うことが得意
  • 絶え間なくコミュニケーションを取ることが苦手
  • 「確実性」が必要とされる環境で成功する
  • データを駆使するリーダーシップスタイル

スチールは、情報を収集し、それを体系立てて整理し、システムを構築していきます。

 

0から1をダイナモが生み出し、1から10に拡大するのがブレイズ。

ブレイズに巻き込まれ、アイデアを実行するのがテンポ。

そして実行された物事を整理し、ときに手順を壊し、最適なものに再構築する。

それがスチールの役割だといえるでしょう。

 

詳しいタイプ診断は有料のテストを通常価格13,000円を購入することで受験できます。この記事を読んでくださった方は、自分コンパス限定価格で10,000円で購入することも可能です。

 

そして以下の記事を読めば、ウェルスダイナミクスの全体像を理解することができますよ。

この記事を読んだのであれば、スチールと他の周波数がどのように関わっているのかを、俯瞰的に見ることができるはずです!

SPONSORED LINK