好きなことは趣味でも良い。全て仕事にする必要はない理由




「好きなことで生きて行く」というYouTubeの有名なキャッチフレーズがありますよね。

これを何度も繰り返し聞いて行く内に、「好きなことは仕事にしなければいけない」と思い込んでしまっている人はいないでしょうか?

僕は一時期そう思っていました。

自分の好きなことは全部仕事にしないといけない。

趣味として楽しむのはいけないことだ。

極端ですが、0か100かという思考を持っていると、こんな考えになってしまいます。

 

しかしですね、「好きなことは仕事にしたらいいけれど、仕事にしない好きなこと(趣味)を持っていてもいい。」んです。

当たり前だけどね!

好きなことで人で、人の需要を満たすと仕事になる。

好きなことを自分で楽しむと趣味になる。

 

 

なんでこんな思考になってしまうのか。

こういう思考になる根本には「役立つこと以外しちゃダメ」という、偏った思い込みがあります。

「お金になるかどうか」という基準でずっと判断していると、「お金にならないこと=役に立たないこと」にいつの間にか変換される。

そしてお金にならないただ単に好きな趣味が、自分の人生から消えてしまう。

僕も全てをお金中心で考えてしまっていた時期は、「趣味なんて意味ないな」と思ってしまっていました。

 

しかしですね!

好きなことというのは貴重です。

別に他人がどう言おうと、自分が好きなんだから好き。

それに関わっているととてもエネルギーを得ることができる。

僕はボードゲームが好きなので、ボードゲームしているときはものすごい充実感があって、自分がイキイキしている実感があります。

それは大げさではなく、自分が生きている意味に繋がるものなんですね。

だから好きなことは仕事にしなくてもいいけれど、手放さない方がいいです。

好きなことは自分のエネルギー源だから。

 

あとは漫画かなー。漫画はずっと読んでいたいくらい好きです。

特に主人公が目標に向かって努力して行く熱血系。

読んでいると自分もやってやろうという気持ちになってきます。

 

続けていて、

「やべー!こんなに楽しいんだからずーっとやっていたい!」

「楽しすぎるからもっともっと他の人にも広めたいわー!」

と思った時に初めて仕事にすればいいんです。

無理やり仕事にしようとする必要は全くありません。

 

 

あなたにもたくさん好きなことがあるはず。

もしくは興味があってずっとやってみたいことがあるはず。

それは自分の人生を豊かにするために欠かせないもの。

「お金になるのか?」「役に立つのか?」という考えは一旦置いといて、明日からの生活に取り入れて行きましょう。

 

「好きなことで生きる」を心理学でサポートするYouTubeチャンネル

やりたいことが分からない根本的な原因とその解決策
10の質問に答えるだけ。好きなことの見つけ方
「お金」を目標にすると不幸になる理由