「得意なこと」と「上手いスキル」は全く別物。スキルを大事にしすぎると人生がつまらなくなる理由

「得意なことはなんですか?」と聞かれたら、あなたはなんと答えるでしょうか?

色々と考えられると思いますが、自分の得意なことを考えるときには2つに分類して考えると分かりやすいです。

  1. 意識しなくても自然とできる得意なこと
  2. 上手いスキル・詳しい知識

この2つは全く別物なんですね。

これを混同して考えてしまうと、自分の得意なことが分かりづらくなってしまうんですよね。

僕の場合2つに分けて書き出してみると、こうなります。

1.あまり意識しなくても自然とできる得意なこと

  • 全体像を考える
  • 人と競争する
  • 未来のビジョンを描く
  • どこまでも満足せずに上を目指す
  • 自分、他人の強みに注目する
  • 新しい事業を立ち上げる
  • 新しいことを学び続ける
  • 抽象的に考える
  • 競争する
  • ハマったことに徹底的に時間を使う
  • わかりやすく説明する
  • 人の背中を押す
  • 人に注目されて力を発揮する
  • ワクワクするアイディアを考える
  • 目標達成のための道のりを考える
  • じっくり考える
  • 数少ない友人と信頼を築く

 

2.上手いスキル・詳しい知識

  • ブログ運営
  • SEO
  • ワードプレス
  • ライティング
  • HTML,CSS
  • デザイン
  • 自己理解(ストレングスファインダー、得意なこと、好きなこと、大事にしていること)
  • SNS運営
自分コンパスでは、この2つの内「2.あまり意識しなくても自然とできる得意なこと」のことを得意なことと呼んでいます。

 

 

SPONSORED LINK

重要なのは「1.あまり意識しなくても自然とできること」

この2つの内、より重要なのは「1.あまり意識しなくても自然とできる得意なこと」

なぜなら、「2.上手いスキル・詳しい知識」は後付けでも身に付けることができますが「1.あまり意識しなくても自然とできる得意なこと」はほとんど変わらないものだから。

また、「2.上手いスキル・詳しい知識」は特定の業界でだけ役立つもの。「1.あまり意識しなくても自然とできる得意なこと」はどんな仕事でも使えます。

 

スキルや知識に依存すると小回りが利かなくなる

逆に「2.上手いスキル・詳しい知識」を大事にしてしまいすぎると、人生の自由度が下がって小回りが利かなくなってしまいます。

周りにもいませんか?

自分の仕事を変えたいと思うときに、既に持っているスキルや知識を使える職場に行こうとする人。

「看護師の資格を持っているから次の仕事も看護師をしよう」

資格に縛られてしまう人もいますよね。

「今の業界での経験があるから興味はないけど次もこの業界で転職しよう」

業界での経験に縛られている人もいますよね。

 

こうなってしまうと本末転倒。

いやいやいや、資格ってやりたいことがあってそれを実現するために活用するものだからね。

資格が目的になった瞬間、人生クソつまらなくなっちゃいますけど!?

と思ってしまいます。

 

変化が早い今の時代では、今ある知識の85%は5年間で使えなくなってしまうと言われています。

だからこそ、スキルと知識に依存するともったいない。

自分の本当にやりたいことを仕事にするために、「1.あまり意識しなくても自然とできる得意なこと」を知っておいて、磨いておく必要があります。

 

「会計のスキル」は特定の仕事でしか使えません。

ですが「新しいことを学ぶのが得意」という得意なことを持っていれば、どんな仕事でも使えます。

 

「プログラミングの知識」は特定の仕事でしか使えません。

ですが「初対面の人と繋がるのが得意」という得意なことを持っていれば、どんな仕事でも使えます。

 

得意なことを分類するための2つの視点

あなたの持っている「得意なこと」を2つの観点で書き出してみましょう。

  1. あまり意識しなくても自然とできる得意なこと
  2. 上手いスキル・詳しい知識

注目すべきは「2.あまり意識しなくても自然とできること」の方。

こちらを深く理解することで、自信がつきます。なぜならどんな仕事でも使えるものだから。

自分の望む自由度の高い人生を作っていくことができますよ。

 

さて、自分の得意なことを見つけていきましょう。

 

「好きなことで生きる」を心理学でサポートするYouTubeチャンネル

やりたいことが分からない根本的な原因とその解決策
10の質問に答えるだけ。好きなことの見つけ方
「お金」を目標にすると不幸になる理由