占いや性格テストが当たるように感じる理由

SPONSORED LINK







こんにちは、株式会社Meee代表のやぎぺーです。

占いや、性格診断テストって面白いですよね。自分の新しい一面が知れる気がして僕も大好きです。

しかし、占いや性格診断テストが当たったように感じるのには理由があります。

 

1848年、アメリカの心理学者バートラム・フォアラーによる実験を紹介します。

学生を対象にして、性格についての心理テストを行いました。

テストの分析結果を学生に配った際に、全員に全く同じ内容のレポートを渡しました。ちなみにそれは新

聞に掲載されてあった星占いのコピーでした。

ちなみに配られたレポートの内容は以下のようなもの。

  • あなたは人から好かれたいという思いがとても強い。その一方で自分をシビアに見る傾向があります。
  • あなたは類まれな受容力を持っているのに、それを生かしていません。
  • あなたには性格的に弱い面がありますが、それらの埋め合わせをすることができます。
  • 外面では自分を律し自制的だが、内心ではくよくよしたり不安定になる傾向があります。
  • ときどきあなたは自分が正しい判断や行動をしたかひどく自信をなくすときがあります。
  • あなたはある程度の変化と多様性を好み、束縛や限界に直面したときは不満を抱きます。
  • あなたは独自の考えを持っていることを誇りにしていて、納得できる根拠なしに他人の意見を受け入れません。
  • あなたは他者に自分をさらけ出しすぎるのは賢明ではないと気づいています。
  • あなたは外向的で社交的で愛想が良くなる時もありますが、一方で内向的で用心深く打ち解けない時もあります。
  • あなたの願望のいくつかは非現実的なものです。
  • あなたにとって「安全」が人生での大きなゴールの1つです。

評価を見た被験者の学生たちは正確度を0から5で表すように言われました。「0は全く合っていない。5はとても合っている。」という意味。

なんとその平均スコアは4.26でした。

この学生グループ以外でも実験を行なった結果、平均スコアは4.2周辺でした。

これは実際には誰にでも当てはまるような曖昧な記述を、自分だけに当てはまる性格なものとして捉えてしまう「バーナム効果」と呼ばれている心理学的現象です。

もちろん一般的な性格分類テストなどには根拠はあるものの、そこで分かったタイプに自分を当てはめようとしていくのは危険。

一番正しいのは、いつでも生身の自分自身です。

占いや性格診断テストでの結果を妄信しすぎないことが重要。

人間を完璧に分析できるテストは存在しないので。

占いや性格診断テストは、自己認識を見直して可能性を見つめ直すことがその役割です。

あくまでも自分を見つめ直すための1つの手がかりとして上手く利用しましょう。

SPONSORED LINK